スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログについて

燈苗です。

創作っ子たちの設定とか創作とか
あれこれ投げる用に改装してぽいぽいしていきます

よろしくおねがいします
スポンサーサイト

アリアドネ

アラネア / アリアドネ
両性具有の蜘蛛系半人外。舌の裏と腰から糸が出る。
年齢は人間換算で30代くらいな気がするが、正直本人も覚えてない。
回復力がやたら高く、腕くらいならもげてもくっつくんじゃないかと思ってる。頬の傷も裂かなくなったら塞がってきた。

普段の一人称は私、二人称は貴方。間延びした丁寧語で喋る。
難しい言い回しはあんまりしない。
素の、というか元々の一人称は俺、二人称はあんた。少し砕けた口調。
でも丁寧語の方で慣れちゃってるから、意識して素で話すと疲れる。

性感帯は喉の傷。薄皮で覆われてるだけなので、強く刺激されると出血したり声が出なくなったりする。あと指先と、舌の裏と腰の糸を出す器官あたりが感度が良い。

皮肉屋で加虐欲と嗜虐欲を持ち合わせる変人。
ニヤニヤとした笑みを浮かべ、飄々とした態度を取る。
喜怒哀楽が欠けているのか、ほとんど怒らないし悲しまない。
しかし部下や恋人の事を蔑視されたり侮辱されるとキレる。

しかしその実、存在する筈の感情すら上手く認識出来ず、ひどく空虚で曖昧。自分の命すら本当に存在しているのかすら疑っている。
自分を人にも蜘蛛にもなれない半端者だと思っている。
感情は確かにあるのに、それを自覚できていないが為に、無意識に全て押し込めて隠してしまう。嘘で出来た仮面を無自覚に被っている。
傷付いた時の痛みや苦しみで「ああ、まだ自分は生きてたのか」と思い出す。

精神世界は雪と氷に閉ざされた、生き物の死に絶えた森。
無音で動くもののいない、温度のない空間にひとり。
冷え切っている筈のそこは現実味に欠けていて、ひどく虚ろ。
分厚い氷に隔絶された向こう側には、鮮やかで暖かい場所があるのに、囚われていることすら無自覚のまま彷徨っている。

故郷は小さな寒村。冬が長い地方の出身。母親は故郷の村の近くにある森の奥深くに住み着いた蜘蛛系人外で、父親を知らない。
真冬に産まれ、物心つくまでは母親のもとにいたが、襲われ首を剥がされた際に近くまで来ていた村の住人に保護された。
保護された後は「助けた以上は世話をするべき」とされ、蜘蛛の子として腫れ物に触れるような対応をされながら、生かされるだけの生活をしていた。
同時期に産まれた兄弟はほとんどが保護される以前に死んでおり、唯一生き残っていた兄弟も故郷を出る際に縁が切れた。消息は不明。
ある程度の年齢になるまでは村で過ごしていたが、ほとんど捨てられるのと同然に、故郷から遠く離れた国の軍へと放り込まれた。

傭兵団

アラネア/アリアドネ (Araneae/Ariadne)
団長。蜘蛛の母親と人の父を持つ。両性具有。
体に肉がつかない体質で痩せており、体温がとても低い。夏でもわりと厚着。
舌の裏側と腰に糸を排出する器官がある他、振動を感知する能力に長けていて手先が器用。
母親の血の遺伝か、皮膚の深部が硬質化している為に体が頑丈。
ただし消化器官が弱く、食べた物を消化しきるまでに時間がかかる。
首に、幼少時につけられた傷がある。そのせいかちょっと声は掠れ気味。
間延びした丁寧な言葉で喋るが、普通に喋ることもある。
一人称は「私」、まれに「俺」

メタトール(Metator)
指揮官。単眼の巨人族の血を引く娘。
小柄ながら銃火器の扱いに長けており、直線距離ならば目測で正確に測れる。
仕事中は基本的に遠方からの援護射撃と指揮を担当している。
真面目な性格であるが、乙女趣味でありプライベートでは雑貨屋を巡っている。
重度のブラコンである。酔うとデレる。
基本は敬語や丁寧語を使う。
一人称は「私」

シナデルフォス(Synadelfos)
副団長。前線での指揮も取る。メタトールの兄。
ひとつの眼球に虹彩を二つ持つ複眼であり、実のところ視力はあまりよろしくない。
剣術と格闘術に長けており、咄嗟の判断力も高い。
しかし、自由奔放な団員達の、主に団長の行動に日々胃を痛めている。
重度のシスコン。普段は認めないが、酔うと妹自慢が始まる。
一人称は「俺」

ジルベール・プルミエ(Gilbert Premier)
防衛戦担当。ムカデ系の半人半虫。6本腕。
ひどく臆病な性格であり、知らない人と会話ができない。
また自身の容姿に重度のコンプレックスを抱いている。
両脚の付け根から下がムカデになっていて、2mを越える体躯の持ち主。
皮膚は硬質化しており、体が丈夫。
家事などは一通りこなせるものの、他に人がいると緊張から失敗する。
一人称は「僕」

ベネディクト・トゥイガー(Benedict Twigger)
物資運搬や実地調査を担当する。軍隊蟻の半虫。
数少ない常識人だが口数が少なく、かなり影が薄い。
また真面目ではあるものの、低確率でかなりの天然ボケを発動する。
それゆえに会話が成り立たないこともしばしば。
のっぺりした顔に複眼の双眸、額から触角が生えている。
また脇腹から一対の副腕が生えているが、普段は使っていない。
一人称は「おれ」

テルツォ・カルカテルラ(Terzo Calcaterre)
傭兵団の中では最年少。前線での戦闘を担当する。軍隊蟻の半虫。
動物的な本能や弱肉強食などの真理に基づく知識を持っている。
しかし、反面ヒトとしての基礎知識や常識にはとことん疎く、学習能力も低い。
身体能力や戦闘センスはずば抜けている。
見た目はほぼ人だが、皮膚の深層は硬質化しておりとても頑丈。
また脇腹から一対の副腕の成り損ないが生えている。
一人称は「ぼく」

キャトル・ディオール(Quatre Dior)
物資の運搬や他の団員のサポートを主とする。軍隊蟻の半虫。
とてもマイペースであり、他人に言われて動くことの方が稀なほど。
雲のように掴みどころがなく、霧のようにじっとりと人に纏わりつくタイプ。
食欲が旺盛でいつも何かを食べている。
一人称は「キャトちゃん」

エーレントラウト・フンク(Ehrentraud Funk)
実地戦闘を担当する。軍隊蟻の半虫。
規律を重んじ、文武両道を掲げる軍人気質。
性別的には女の筈だが、誰よりイケメンしている。つよい。
しかし私生活はがさつで大雑把な点が目につく。言われても気にしない。
他の蟻系団員に比べ蟻としての血が濃い。
一人称は「オレ」

セスタ・フレータ(Sexta Fleta)
交渉や契約、事務を主な担当とする人間の男性。
眼鏡をかけていて猫背、パサついた髪。
他の団員達と違い、団員達が連れてきた。
元々はやり手の秘書だったが、汚名を着せられクビになった過去を持つ。
それ以前にも色々あったらしく、厭世気味。
普段は団員や秘書というより執事のような役割。
一人称は「わたくし」

機女 設定

布帛 劃麻 (ふはく かくま)
暮燈村で服屋を営む青年。三人兄妹の長男。
男であるが、ひとつの体に二人分の魂を持つ両性具有の〈機女(ハタメ)〉である。
主体となっているのは男側な為、不安定な存在ながら兄として自己を保っている。
主に衣服のデザインや店の運営を行う。

布帛 絹江 (ふはく きぬえ)
三人兄妹の長女。劃麻の妹。
人見知りが激しく、口数も少ないが、慣れた人にはささやかな気遣いや気配りが出来る淑女の鑑。
優秀な〈機女〉であり、その手は神の衣すら織り上げるとも言われている。
衣服の制作が仕事である。

布帛 錺(ふはく かざり)
三人兄妹の末妹。自由奔放でマイペース。
〈機女〉としての才を有しておらず、それどころか機織り機に触れようものなら全てを引っ繰り返す有様。
しかし手先は器用で、幼いながら金属加工技術に長ける。

テーマ : はじめに
ジャンル : その他

創作用語解説 種族

人間/現人(ウツツビト)
ごく一般的な人間の総称。人ならざるモノは区別と蔑視を含めて現人と呼ぶ。
かつては神の血筋における能力を有していた筈だが、次第に能力を亡くしてゆき〈大災禍〉の後からは完全にその力が消滅した。
人ならざるモノを見る事は出来ず、特殊な能力を持たない。

ヒト/幽人(カクリビト)
人ならざるモノの総称。区別と諦観を含めこう呼ばれる。
元は妖怪や妖精、魔物といった人間の側に存在していた〈隣人〉であったが、人間が力を亡くすにつれ溝が深まって行き現在では決別している。

灼禍なる黄昏

銅 八重/あかがね やえ
希少な<皇>級の"色憑き"。
飄々としていて楽観的。自身の娯楽として"怪異殺し"をしている。
暮陽村の村長という役柄ながら、「自分には似合わない」と否定している。
プロフィール

燈苗

Author:燈苗
ツイッターが便利すぎてブログを更新しない系の人種。
更新する時は多分、140字じゃ収まらないものとかの時。

画像は大分前に撮った夕焼け。

ツイッター:@aconite_emiry

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。